乾燥肌はどうしてなるの?

肌の乾燥を引き起こしやすい病気でもない限り、乾燥肌になる原因の多くは加齢や日常の習慣・外的要因(大気の汚染や暑さや寒さ・衣服の摩擦やボディソープの成分などの刺激)だったりします。

 

加齢で乾燥肌になっている場合は、何とも対処しがたいように思われるかもしれません。しかし加齢からくる乾燥肌の多くは角質細胞の間を埋めている脂質と皮脂分泌の低下によるものです。

 

日常生活の乾燥肌になるクセを改め、肌にクリームなどで脂分を適度に加えることで乾燥肌は改善します。

 

遺伝や病気ではなく、日常生活の環境や習慣など後天的な要因で乾燥肌になっている場合は、その乾燥肌になる後天的な要因を取り除くか少なくすれば乾燥肌トラブルを解決出来るでしょう。

 

大切なのは自分が乾燥肌なのか、どの程度の乾燥肌でどんな原因で乾燥肌を引き起こしているのか自分の肌の状態と向き合うことです。

 

乾燥肌は肌表皮の外側約0.02ミリの角質層に刺激を与えていて、ターンオーバーが正常になされていなかったり不十分だったりして起こります。

 

また加齢でなくても日常生活で清潔にするあまり皮脂をとりすぎていて角質層の保湿力が低下しているときにも乾燥肌になったりします。そのほかエアコンの風に当たりすぎていたり、太陽の下で長時間紫外線にさらされているのも乾燥肌の原因になり得ます。

 

ただどんな要因が重なったとしても、乾燥肌になるかならないかは個人の肌の質や体の内部環境によって違います。

 

一概にどうしたら乾燥肌になるのかはいえませんが、加齢以外に乾燥肌を引き起こす原因が日常生活に起因したものが多いことは確か。乾燥肌になる要因の主だったものを知っていくことで、あなたの乾燥肌の原因を探っていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

乾燥肌はどうしてなるの?関連ページ

肌のメカニズムを知る@
肌のメカニズムを簡単に説明します。@
肌のメカニズムを知るA
肌のメカニズムを簡単に説明します。A
皮膚常在菌と乾燥肌
肌の保湿には角質層のケラチン(角質細胞)と細胞間脂質が重要ですが、肌表面を覆っている薄い皮脂膜の役割も見逃せません。
皮脂の重要な働き
皮脂の重要な働きについて説明します。
年齢と乾燥肌
年齢と乾燥肌の関係について説明します。