隠れ乾燥肌(インナードライ)

インナードライって、聞いたことがないでしょうか?インナードライとは言葉のまま「肌の内側が乾燥した状態」をさします。

 

隠れ乾燥肌とも呼ばれるインナードライですが、どんな状態で乾燥肌が隠れていてどうしてインナードライになってしまうのでしょうか。インナードライ肌になると、まず特徴としてみられるのは肌表面の皮脂の浮き。

 

皮脂は浮いているのに肌は乾燥しているのがインナードライ肌の特徴です。皮脂が浮いているからといってここで脂性肌だと勘違いして、肌を頻繁に洗ったりしていると逆効果。

 

肌の保湿成分は流れてしまっても、肌の土台ともいえる角質層は乾燥している状態になってしまいます。 インナードライにどうしてなるかといえば原因は人それぞれとしかいいようが有りませんが、多くは夏の紫外線などの蓄積したダメージ・頻繁な洗顔や洗髪・過剰なストレスや化粧品に含まれる添加物の影響などです。

 

これらの原因はどれも肌の表面のバリア機能を壊し、肌のうるおいを奪って角質層を荒らします。荒れた角質層からは水分がどんどん蒸発し、その補修のために肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルが加速されます。

 

ターンオーバーのサイクルが加速されるなんて活気があって良いのでは?なんて思えますが、サイクルが急に28日以下になると角質層細胞は外へ外へと移動し、成熟しないまま肌の表面に出てしまいます。

 

未成熟な角質層から水分は逃げて乾燥、バリア機能は低下しますが乾燥をどうにかしようと皮脂分泌は盛んになりインナードライ肌になります。

 

インナードライ肌になったと思ったら、乳化剤などが入っている乳液やリキッドのファンデーション・エタノールの入っている化粧水などの使用を一旦やめましょう。

 

出来るだけ脂肪分を肌に与えず、洗顔は角質層をこれ以上荒らさないように手で泡立てた後に肌にのせ優しく洗いましょう。体の内側からも水分補給し保水効果のある化粧水を重ね付けします。

 

ターンオーバーのサイクルが正常に戻るのを待つような気持ちでしばらく様子を見ましょう。インナードライになるのは頭皮も一緒です。頭皮もシャンプーを泡立て、爪を立てずに洗ってシャンプーの成分を良く洗い流します。シリコンの入っているヘアケア剤の使用もやめたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

隠れ乾燥肌関連ページ

日本の季節と乾燥肌
日本の季節と乾燥肌の関係について掲載します。
現代社会と乾燥肌
現代社会と乾燥肌の関係について掲載します。
乾燥肌が進行すると
乾燥が肌内部で進行すると、角化によるターンオーバー(新陳代謝)が急激に早くなり角質層の中の天然保湿因子NMF(Natural Moisuturizing Factor)も減少します。
乾燥肌チェック
乾燥肌かをチェックする手段を紹介します。