衣服にも気を付ける

乾燥肌になってしまったときに、一番困ったのが下着です。女性ものの下着は男性下着よりも体にぴったりするように作られていているものが多いです。

 

特にブラジャーはバストを支える目的のために肌に当たる部分が多く、ワイヤーが入っているものを避けても肩紐はゴム素材がほとんどなのでかゆくなり困りました。

 

女性下着は肌に当たるところは綿素材で出来ていてもレースは化繊であることが多く、ついている飾りが綿レースだったとしても、乾燥して敏感になっている肌と繊維がこすれてかゆくなります。

 

男性だとパンツやビジネスソックスのゴム部分が乾燥肌をさらに痛めるのではないでしょうか。 乾燥肌がひどくなるのは冬の時期が多いのですが、衣服がこすれあって出来る静電気はアレルギーの原因物質であるダニの死骸やほこりを引き寄せます。

 

また重ね着してかいた汗を放っておくと、皮脂や汗の成分などが酸化して炎症が起きることもあります。夏も冬も乾燥肌を心配するなら、静電気を起こしにくい通気性の良い綿や絹などの天然素材の、通気性の良いゆったりとした衣服を身につけましょう。

 

乾燥肌がひどいときは体を締め付けるブラジャーの着用も避けたいところですが、着けないと落ち着かないときは敏感肌用に工夫して作られた商品を試しても良いかもしれません。

 

下着のゴム部分はずり落ちない程度にゆるめましょう。 通気性の良い衣服を着ていても、どうしても乾燥肌が改善しない場合は洗剤がかゆみやカサカサの原因かもしれません。

 

洗剤に含まれる界面活性剤が刺激となって肌が荒れることもあります。このことを考えると界面活性剤を含まない洗剤が乾燥肌対策には良いのですが、石鹸で出来た洗剤を洗濯に使うにも少し注意が必要です。

 

特に夏場など汗を頻繁にかく季節に多いのですが、わずかに服の繊維に残る洗剤の成分が汗に溶けて肌に吸収されとてもかゆくなることがあります。たとえ石鹸洗剤の成分でも肌にとっては刺激物なのですすぎを念入りにし、衣服の洗剤成分の残留をなるべく少なくしましょう。

 

洗濯機で脱水できる水の量は限られています。スペースが許すなら、高速脱水機を使うのもお勧めです。 赤ちゃんや子どもの乾燥肌対策に、最近では柔軟剤の使用が勧められているようです。

 

衣服と肌の間の摩擦を最小限に抑える柔軟剤で、肌当たりを軟らかくすると乾燥肌も軽減するというデータがあります。敏感になった肌用の柔軟剤もでていますが、柔軟剤の成分がどうしても気になる場合はすすぎ湯に酢を加えても洗い上がりを軟らかくします。

 

衣服の縫い目やタグにも気を付けてあげましょう。首筋に当たるタグは取り去り、肌に触れる衣服はなるべく外縫いのもの・肌に当たる側の縫い目の少ないものを選びます。赤ちゃんや子どもに頻繁に触れる大人も、着ている衣服のやわらかさには気を配りたいものです。

スポンサードリンク

衣服にも気を付ける関連ページ

乾燥肌と入浴剤
乾燥肌と入浴剤について説明します。
乾燥肌の化粧法
乾燥肌の化粧法について説明します。
オフィスでの乾燥肌対策
オフィスでの乾燥肌対策について説明します。