オイルで乾燥肌対策のススメ

洗顔やお風呂から上がったあとの乾燥を防ぐためには、保湿後すぐにオイルを使用するのがお勧めです。オイルの中には人の皮脂の成分に似たものも多く、肌の上で優れた働きを発揮します。

 

肌の最上部に並んでいる角質細胞の間には細胞間脂質がありますが、オイルは細胞間脂質に馴染んで栄養を肌に与え保湿力も高めます。オイルに含まれるビタミンA・Eは血行を促進し、必須脂肪酸は細胞膜補修に役に立ちます。

 

オイルにも椿油のような植物性のオイルと、馬油のような動物性のオイルがあります。植物は過酷な外界の環境から自分を防衛するため、様々な科学物質を出しています。抗酸化作用など健康によい、フィトケミカルと呼ばれるこの物質は植物性オイルに豊富に含まれます。

 

乾燥肌対策にお勧めの植物性オイルは、既出の椿油や老化防止に良いビタミンEが豊富なアルガンオイル。まだあまり知られていませんがアトピーの炎症に効果があるといわれる必須脂肪酸の多いボリジオイルや、比較的手に入りやすく品質も劣化しにくいため防腐処理の必要のない使いやすいホホバオイルなどがあげられます。

 

この中でもホホバオイルは酸化しにくく酸化防止剤は不要、安全性も高いため人工心臓の潤滑剤に指定されているオイルです。ホホバオイルは伸びもよく頭皮の乾燥が気になるときに付け、毛穴の皮脂になじませるようにマッサージした後に髪をよく洗うと頭皮を軟らかくし毛穴もきれいにします。

 

髪がパサつくときには毛先に付ければオイルなのにさらさら。皮脂分泌を整える作用もあります。 動物性オイルで伸びがよいのは深海サメの肝油を精製して出来る歴史あるスクワラン。

 

植物由来のスクワランも見かけますが純度はサメ由来のものが高いようです。昔から火傷に良いとされてきた馬油は人の皮脂の成分に近く、乾燥肌に不足する皮脂を補います。

 

炎症を抑える馬油は伸びもよいので週に1回の全身マッサージにも向いています。同じく人の皮脂成分に近いオイルにウサギの油やクマの油がありますが、あまり流通していないようです。ウサギやクマが好きな方はびっくりしてしまいますよね。

 

今までローションなどで保湿してからオイルを肌になじませると乾燥肌に良いとお伝えしましたが、お風呂や洗顔後すぐにオイルを付け浸透を待ってから保湿をする方法もあるようです。

 

どちらも試して自分の肌で、最適なオイルの使い方を見付けましょう。ここまでご紹介したオイルの中で品質の劣化(酸化)しやすいオイルはボリジオイルや馬油ですが、どのオイルも開封から使用できる期限があるときは守って使用しましょう。

 

 

ホホバオイルを使うなら、このホホバオイルが一押しです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

オイルでの乾燥肌対策関連ページ

日頃から乾燥肌予防
日頃から乾燥肌予防について説明します。
旅の乾燥肌対策
旅の乾燥肌対策について説明します。
乾燥肌に対しての皮膚科
乾燥肌に対して皮膚科で出来ることについて説明します。